Uターン人 Brasserie Lab(ブラッスリー・ラボ)・中村浩二(なかむら・こうじ)さん(37歳)

nakamura_web

7月に中村会館にNEWオープンした一皿フレンチとお酒の店「Brasserie Lab」の代表・中村浩二(萩市米屋町出身)さんにお話を伺いました。

Q.これまでの経歴を教えてください。
A.萩商業高校卒業後、家業の中村食料品店を手伝っていましたが、料理を作るのが好きだったので、26歳の時に料理人を目指して上京。フレンチベースの創作レストランでホールサービスを経て、食材の発注や下準備をはじめ、前菜やデザートを担当。飲食店で働くための基礎や段取りを学びました。その後、31歳の時に、ビストロとバー、カフェ、パン屋を複合したフレンチレストランに転職。ミシュランガイドの三ツ星レストランでの調理経験もあるシェフの下、前菜からメインに至るまで、様々なポジションを経験し、本格フレンチの基礎技術とセンスを学びました。フランスで仕事をしてみたいと思っていたところ、ご縁があり、33歳の時、フランス領モナコ公国にある和食の鉄板焼きレストランにバカンスシーズンの6か月間勤務します。和食レストランではありましたが、食材の下処理など、板前の方から学ぶことも多々ありましたし、社長はフレンチの経験もあり、国内外の有名シェフと仕事をされたこともある方だったので、フレンチに関する様々なことを教えてくださいました。その後、35歳と36歳の時の、合わせて3シーズンをモナコで過ごし、それ以外の期間は、東京で自家製シャルキュトリー(豚肉の加工品)とベルギービールなどを売りにしたお店やクラフトビール(地ビール)店の立ち上げに携わったほか、ホテルのグリルダイニングなども経験しました。37~8歳の頃には独立したいと思っていたところ、家族の事情により、今年2月、萩へ帰郷し、店をオープンさせました。

Q.お店のコンセプトを教えてください。
A.みんなで料理を分け合いながら、お酒も楽しんでいただける酒場のようなお店にしたいと思っています。小皿料理や前菜、サラダ、メイン、食後のデザートに至るまでアラカルトでお楽しみいただけますし、お箸もお使いいただけるので、カジュアルにフレンチをお召し上がりいただけます。おすすめは、自家製シャルキュトリーの盛り合わせ(1000円)です。ハムやソーセージ、パテ、テリーヌといった豚肉の加工品で、フランスの伝統的な保存食を手作りしています。このほかには、地魚や長州鶏、牛肉などをフレンチのソースで召し上がっていただくメイン料理(Mサイズ1400円~)や本日の煮込み料理(Mサイズ1800円~)、ベルギー流のフライドポテト(Mサイズ450円~)なども人気です。また、ベルギービールやクラフトビールといった国内外のビールも5~6種類揃えていますし、ワインや自家製サングリア、シードル(アップルワイン)、カクテルといった多種多様なお酒はもちろん、食後のカフェもご用意しています。

Q.北浦うぇぶをご覧の皆さんにPRをお願いします。
A.気軽に食事やお酒を楽しんでいただける酒場のようなお店です。もちろん、バーやカフェのように、様々な形でご利用いただけたらと思います。また、自家製シャルキュトリーや煮込み料理、ステーキなどの肉料理も充実しており、自信もあります。お肉が食べたいときは、ぜひ、当店にお越しください!

萩市東田町111❘3中村会館2F
営業時間/17時~24時
※フードは22時オーダーストップ
定休日/不定休
パーティープラン/昼コースお一人様2500円~、夜コースお一人様3000円~(ドリンク料金別途)、5000円~(2時間飲み放題付き)
※いずれも予約制、昼夜ともに6名様より承ります
※飲み放題は、一部ドリンクメニューは適用されません
その他/店内18席(カウンター6席のみ喫煙可)、個室有(約20名収容)
☎0838・21・7252

 

LINEで送る