特集 Uターン人 Zakka LiNK!!店主・大田晃子さん(36歳)

外観は普通の民家でありながらも、実は雑貨店という「Zakka LiNK!!」。玄関で靴を脱ぎ、まるで友人の家にお邪魔したような感覚となるアットホームな店内には、インテリア雑貨やキッチン用品、キッズ用品に文房具、アクセサリー、洋服等など、バラエティ豊かな商品が並びます!店主の大田晃子さんにお話を伺いました。

Linkオーナー

Q.これまでの経歴を教えてください。
A.萩高校を卒業後、岡山の短大に進学しました。当時から、雑貨店を経営してみたいという思いがあったことから、雑貨店でのアルバイトを経験。さらに雑貨のとりことなった私は、卒業後、倉敷のアクセサリー店や広島のキャラクター雑貨店などで販売員を経験しました。その後、広島でブライダル関係の仕事を経験したのち、一昨年10月に萩へUターン。ちょうど、空き家になっていた一軒家を利用することができたことから、一昨年12月に念願の雑貨店をオープンさせました。

Q.なぜ、萩で雑貨店を経営しようと思ったのですか?
A.中高生の頃から雑貨は好きだったのですが、萩では買い物をする場所が少なく、当時は、友人と一緒に通販を利用していたことに不便さを感じていました。ちょっとした贈り物や雑貨を購入するお店が萩に少なかったということや、私自身もいつかは萩に帰らなければならないという事情もあったことから、萩で雑貨店を開くこととなりました。

Q.実際にオープンされてみていかがですか?
A.帰郷してわずか2ヶ月の準備期間で開店させたこともあり、周辺のお店や商品、お客様のニーズなど、リサーチをする時間がありませんでした。また、場所もわかりづらく、民家を利用しているので、きっと入りにくいだろうということも承知していたのですが、広告は一切出さず、ブログの発信のみで開店しました。当初は、私や家族の友人・知人の口コミから始まり、次第にお客様が増えるとともに、お客様のリクエストを聞きながら品数を増やしていきました。できるだけ、手頃な価格の商品を提供したいという思いもあり、雑貨店で勤務していた経験やご縁なども活かしながら仕入れ先を開拓しています。北欧雑貨や猫をモチーフにした雑貨など、私が良いと思う商品はもちろん、全国的に流行している商品や地元で活動するハンドメイド作家さんの作品なども販売し、現在は約500アイテムを取り扱っています。小中学生からご年配の方まで幅広い世代の方に訪れていただき、お客様とゆっくりお話できることも楽しく、萩にこういうお店が欲しかったという声を聞くと嬉しいですね。ちょっとした贈り物をしたいというお客様にお応えできるようなお店でありたいなと思っています。

Q.今後は、どういった展開をお考えですか
A.お店で委託販売をされているハンドメイド作家さんと話を進めているところですが、今後は、ワークショップなどを開催したいです。また、休憩できる場所が欲しいというご要望もいただいているので、奥の和室を利用してセルフのカフェもできたらと思っています。お客様がさらにくつろげる、隠れ家的なお店になれば良いなと思っています。

Q.北浦うぇぶをご覧の皆さんにPRをお願いします。
A.これまでに店の前は通ったことはあるけれど、何のお店だろうと気になった方もいらっしゃるかと思いますが、お越しになられた方は、その品揃えに驚くかと思います。ぜひ、お近くのスーパーなどのお買い物帰りに、気軽にお立ち寄りください!

 

Link内観

Zakka LiNK!!
萩市土原498-2
(萩税務署の右の通り、元ナフコ土原店真裏)
営業時間/11時~19時
定休日/水曜日
☎0838・21・7082
ブログ/http://ameblo.jp/link-meets(商品入荷のお知らせなどあり)
※Facebookページもあります

 

LINEで送る