Iターンで居酒屋開業 「かばやん」店主・園田浩史さん(40歳)

萩市上五間町に2月22日にオープンした居酒屋「かばやん」。リーズナブルな価格で、美味しい料理が楽しめると口コミで広がり、週末には、予約が必要なほど人気を集めています。萩市へIターンし、居酒屋を開業した、佐賀県出身の店主・園田浩史さんにお話を伺いました。

園田さん

Q.萩市で居酒屋を開業した経緯をお聞かせください。
A.大学時代、友人たちに「40歳になったら、脱サラして、居酒屋の大将になる」と話をしていました。卒業後は、東京で建設業の事務員として就職し、5年ほど勤務したのですが、いつかは飲食店を開いてみたいという思いから転職し、居酒屋チェーン店のホール係から始まり、北海道でスープカレーの修行などもしました。その後、福岡の飲食店で働いていたのですが、萩で働いていた学生時代の友人からの紹介で、昨年6月、萩の飲食店に勤務することとなりました。半年ほど、オーナーから、一つのお店を任せていただき、飲食店経営について勉強させていただきました。お客様から、このまま萩でお店を構えて欲しいというお声もあり、ちょうど良い物件が萩で見つかったことから、萩で独立して、「かばやん」をオープンすることとなりました。さらに、口コミで常連のお客様も増えてきましたし、お互いに名前で呼び合うほどの親しいお客様も多いです。たくさんの温かい人たちにお越しいただいて有難いです。これまで転勤や転職により、北海道から沖縄まで、29回の引っ越しを経験していますが、これを最後に、萩に定住する気持ちでいます。

Q.お店のコンセプトを教えていください。
A.軽く食べて飲んで、千~2千円くらいの「角打ち」のような気軽さをコンセプトにしています。学生時代の時に通っていたような、安くて、料理もお酒もたくさん楽しめるようなお店を作りたいという思いがあったので、価格もリーズナブルで、気取らずに料理やお酒を楽しめるお店にしたいと思っています。

Q.おすすめメニューはなんでしょう?
A.カレー(700円~900円)です。キーマカレーや牛すじカレーなど6種類ご用意しています。辛さも10倍まで加えることができます。また、鶏白湯ラーメン(700円)も人気ですね。元々は鶏白湯鍋として提供しようと思っていたのですが、試作品を食べたお客さんから、このスープでラーメンが食べたいと要望をいただきメニューに取り入れました。ラーメンを食べに、シメに訪れる方もいらっしゃいます。この他にも、小鉢は150円から、おつまみも300~400円のものが多く、リーズナブルに設定しています。スイーツも好評で、フレンチトースト目当てでいらっしゃるお客様もいます。また、私自身、お酒が好きなので、アルコールも、萩の地酒はもちろん、焼酎や泡盛、ウイスキー、カクテルなど多く揃えています。

Q.今後、どんな展開をお考えですか?
A.現在、メニューに魚料理がないため、魚料理を加えていき、さらに充実させて、お客様にご満足いただけるようにしたいです。そして、いつかは、カレー専門店をオープンさせたいですね。

Q.最後に、北浦うぇぶをご覧の皆様にPRをお願いします。
A.ふらっと立ち寄っていただけるお店ですので、気兼ねなくお越し下さい。お待ちしています!

かばやん内装 カレー

かばやん
萩市上五間町2番地の1
営業時間/17時~深夜
定休日/月曜日
席数/カウンター8席、座敷あり(20名様までの宴会可能)
☎0838・26・0440

LINEで送る