城下町にNEWオープン!Patra cafe(パトラカフェ) オーナー・中村理恵さん

萩市中央公園駐車場から城下町へ入った場所に、3月上旬にオープンした「Patra cafe」。釜飯屋だった店舗を改装し、外装・内装ともに白を基調としたカフェに生まれ変わり、女性を中心に人気を集めています。そのPatra cafeのオーナー・中村理恵さん(萩市前小畑出身・34歳)にお話を伺いました。

patora

Q.城下町でカフェをオープンさせた経緯をお聞かせください。
A.元々、カフェ巡りが好きで、姉と一緒に、県内のカフェを紹介した本を手に、毎週のように出かけていました。オシャレな空間で、ゆっくりとお喋りをしながら、プチ贅沢が楽しめるカフェが好きなので、そういった自分好みのカフェを地元・萩で開いてみようと思ったのがきっかけです。その後、29歳の時、いろんなカフェを見てみたいと思い、福岡で会社員をしながら、パン屋でバイトし、カフェ巡りをして自分なりに勉強をしました。そして、一昨年、萩へ帰って来てオープンへの準備を始めたのです。なかなか良い物件が見つからなかったのですが、昨年9月に不動産屋さんから釜飯屋さんをしていた物件をご紹介いただき、立地や店の大きさ、設備などの条件も良かったことから、この場所に決め、萩市の起業化支援補助金も受け、オープンすることができました。

Q.内装、外装共にオシャレな空間となっていますが、お店のコンセプトは?
A.女性1人でも入ることができ、長居できるようなくつろげる場所にしたいと思っています。私自身、古いものが好きなので、アンティークショップで購入したものや頂きものの家具類を使って、「北欧レトロ」な雰囲気に仕上げています。また、ナチュラルな素材を使いたいということもあり、木材の風合いにもこだわりました。ペンキ塗りなど、自分でできる範囲のことはしましたが、内装工事は、プロの友人や家族にも手伝ってもらい、手作りの温かみある空間となっています。

Q.実際に、お店をオープンされていかがでしょうか?
A. 楽しいですね。カフェをやりたいとは思いつつも、実現するのは難しいと思っていたのですが、今は、本当に実現できたのだなということを実感する毎日です。観光客の方もいらっしゃいますが、ほとんどが地元のお客様で、リピーターの方も少しずつ増えていて、本当に嬉しいです。

Q.最後に、北浦うぇぶをご覧の皆さんにPRをお願いします。
A.お休みの日に、1人でもくつろげるようなお店を作りました。地元の方に長く愛されるお店にできたらと思っています。また、萩でお茶するならココだと思ってもらえるようなお店にしたいと思っています。ぜひ、お越しください!
Patra cafe
萩市大字平安古町603番地3
ランチタイム/11時30分~15時
カフェタイム/15時~18時30分
定休日/不定休
メニュー/週替わり定食800円、グリーンカレー650円、ガパオ丼650円、ケーキ各種400円~500円、フレンチトースト650円、ドリンク各種400円~500円(ドリンクは、食事またはスイーツメニューとセットで150円引き)
☎0838・21・7075

LINEで送る