長門湯本の新しいプロジェクトに注目! 長門湯本みらいプロジェクト

image069

長門市では2016年8月に長門湯本温泉の再生を目的とした「長門湯本温泉観光まちづくり計画」を策定し、魅力ある景観づくりのための整備が進められています。長門湯本みらいプロジェクトは、湯本温泉街みらい検討会議をベースに、より良い未来に向けて温泉街のリノベーション進めるために、社会実験、住民説明会、ワークショップ、イベントなど様々な活動の企画、運営、サポート、情報発信を行う市民参加型プロジェクトとなっており、現在県内でもとても注目を浴びています。
今号の北浦うぇぶは、その注目を浴びるプロジェクトを北浦全体で共有するべく、湯本まちづくり協議会みらい検討部会・部会長の伊藤就一さんにお話を聞いてきました。
IMG_3075

Q. このプロジェクトは現在の時代に沿ったものと感じさせていただくと共に、壮大で、その本気度が伝わってくるものですが、プロジェクト発足の経緯、またそのモチベーションとなったものをお聞かせください。

A. 昨年、長門湯本温泉観光まちづくり計画が発表されました。湯本温泉が、温泉・萩焼・音信川(おとずれがわ)など持っている資源を存分に活かしながら、大きく変わっていく、もっとお客様に喜んでいただける温泉街になる、期待が膨らむ計画です。これを地域で実際に形にしていくには、計画が示す街の機能と景観を構築するためには将来の街のイメージを体験し、向かうべき方向性を認識する必要があります。そのため、地元で「長門湯本みらいプロジェクト」を立ち上げ、市と専門家とともに計画推進の取組をしていくことになりました。街が再生し、人が集まり、そぞろ歩きをする、温泉地としての魅力が増し、認知度が向上する、その結果として人気温泉地ランキング10位以内を目指すという目的があります。ハートビートプランの泉さんをはじめ、心強い専門家と一体になり、ワクワクする温泉街に向けて、頑張っています。

Q. 現在、民間投資の推進の1つとして「cafe&pottery音」が8月にオープンしました。反響はいかがでしょうか?また、課題などがあれば、課題と改善へ向けての取組をお教えください。

A. cafe&pottery音は、旅館の若手と萩焼深川窯の若手、市内の有志で立ち上げ、湯本みらいプロジェクトのキックオフ事業とも言えるチャレンジです。開店当初から多くのお客様にご来店されており、滑り出しは順調です。300年続く萩焼深川窯の若手作家の作品も関心度が高く、ご購入に来られる方、カフェ利用時にご購入になる方と様々です。今後の課題としては、遠方からのお客様にも満足していただけるようなオリジナリティの高いカフェメニューの開発と、そこでしか買えない新世代の萩焼作品の充実、そしてまちを面白くする人たちが集うサロンやハブとしての役割を担っていく事です。

Q. おとずれリバーフェスタ2017第1回目は台風の影響を受け、18日のみの開催となり残念でした。1日開催ではありましたが、その反響をお聞かせください。

A. 当日は開催側の予想を超える、たくさんの方々がご来場され、様々なアクティビティを楽しんでおられました。萩焼深川窯の若手有志が企画したワークショップや、音信川(おとずれがわ)に設置された川床を活用したアクティビティ、沿道のワークショップ・休憩スペース、照明デザイナー長町志穂さん(LEM空間工房)による夜間景観の演出など、川のせせらぎを感じながら、まち全体をそぞろ歩きしながら楽しむお客様が多かったように思います。

Q. 10月7日(土)~9日(月・祝)で開催される2回目のおとずれリバーフェスタ2017についてPRと意気込みをお聞かせください。

A. パート2では、人気の屋台出店に加え、屋外のボルダリングや、空き家を利用した本格カクテルバー、音信川にかかる橋を活用したレストラン、トークライブなど、幅広い年齢層に楽しんでいただける、さまざまなアクティビティを予定しています。音信川からの気持ちの良い秋風を感じながら、ぜひ皆様に、長門湯本の新しい未来像を実感していただければと思います。

Q. 10月7日(土)おとずれリバーフェスタと同日開催される「長門湯本温泉 癒やされ方改革 温泉街事業者オーディション」についてです。新規事業者オーディンションを県内各地で開催し、その成功事例も多くあるYMFG ZONEプランニングが企画運営されますが、地域側の立場として期待するものは何でしょうか?また懸念するものがありましたらお教えください。

A. 今、「働き方改革」が叫ばれています。色々な課題も指摘されていますが、私たちも地域でできることに取り組み、より豊かな社会の実現に貢献したい、と感じていました。温泉街としてできることは、働く時間と一対になる「癒やし」の時間、これをより豊かに有意義にしていくことではないか、と思っています。温泉街の外観もリノベーションしながら、社会的な役割も見つめなおしていく、そんな長門湯本温泉の「癒やされ方改革」に一緒に参加し、将来を一緒に面白くしようと思っていただける方と、出会えることを期待しています。

ありがとうございました。

image015 image039 image061 otozure_festa2017_web_mapx-1

おとずれリバーフェスタ パート2
開催期間 10月7日(土)~9日(月・祝)
会場 長門市長門湯本温泉
時間 12時~21時
詳細はWEBサイト、又はfacebookページをご覧ください。
WEB http://yumoto-mirai.jp/otozure_riverfesta2017/
FB https://www.facebook.com/yumotomirai/

LINEで送る