北浦リレーションシップ 最終回 原岡隆さん(42歳)

北浦リレーションシップ88人目は、水谷信義さんからのご紹介で萩市役所農林振興課の原岡隆さんにお話を伺いました。

DSC04592 (1)

Q1.趣味は何ですか?
幼い頃から車が好きです。市役所に勤める前には、某カーディーラーでセールスマンをしていたこともあるほどです。眺めるのも、乗るのも、どちらも好きですね。

Q2.あなたのプチ自慢は何でしょうか?
「家畜人工授精師」という牛の種付けができる国家資格を持っており、天然記念物の見島牛の種付けも経験したことがあります。県内の市役所職員の中では、おそらく私だけが持っているマニアックな資格です。むつみ村役場時代から、長らく畜産畑を歩んでいたのですが、企業誘致課や秘書係などを経て、昨年、3年ぶりに農林振興課に帰ってきました。機会があれば、また、見島牛の種付けに挑戦したいですね。

Q3.あなたが住むこの街の好きなところは何ですか?
宇部市で生まれ育ちましたが、現在は、母の実家があるむつみに住んでいます。星がキレイなところや、人も温かく、親切な方が多いですね。子育てに関しても、郡部のほうは小規模校にはなってしまいますが、子どもたちにとっても良い環境なのではないかと思います。

Q4.観光客にお奨めしたい場所はどこですか?
やはり、夏場のむつみ昆虫王国とひまわりロードですね。家族連れもカップルも、ぜひ訪れていただきたい場所ですね。

Q5.よく行くお店はどこですか?
「どんどん」です。萩のソウルフードと言うのでしょうか。他の地域のどんどんも行きますが、やはり、萩のどんどんのほうが美味しいですね。

Q6.好きな言葉は何でしょうか?
「雲外蒼天(うんがいそうてん)」です。どんな曇り空でも、その曇り空を越えれば、無限の青空が広がっているという意味なのですが、目の前にある問題や悩みを乗り越えれば、素晴らしいことが待っているといったような、ポジティブシンキングを心掛けています。

Q7.あなたの仕事のポリシーは何ですか?
情報収集を怠らずに、日頃から、計画的に仕事を進めることを心掛けています。

Q8.夢は何でしょうか?
実は、海外旅行に行ったことがなく、新婚旅行も行き損ねたことから、妻と海外旅行に行きたいねと話しています。いつか、日本人も建築に携わっているというスペインのサグラダファミリアに行ってみたいですね。

編集後記
毎号掲載とはなりませんでしたが、2011年から始まった北浦リレーションシップを今号で最終回とさせていただきます。インタビューさせていただきました88名の方、また、このコーナーを楽しみにしておられた読者の皆さまには大変感謝しております。ありがとうございました。

LINEで送る