北浦リレーションシップ 第16回 長岡隆志さん

北浦リレーションシップ16人目は前回の三戸公文さんからのご紹介で、合気道萩道場に通われる長岡隆志さん(36歳)です。(発行日は2012年7月19日)

長岡さん2

Q1.趣味は何ですか?
-カラオケで、点数を気にせず好き勝手に歌うこと。おもしろいお笑い(漫才・コント)を見ること。楽しくお酒を飲むこと。体を動かすこと。週2回家族5人で合気道の稽古をしています。あと車も好きです。

Q2.夢は何でしょうか?
-将来オープンカーで幼稚園に孫を迎えに行くこと。

Q3.幸せだなと思うときはどんなときですか?
-家族5人でご飯を食べながら、たわいもない話をしている時。

Q4.観光客にお奨めしたい場所はどこですか?
-菊ケ浜です。毎日色んな表情を見せてくれます。高級な卵のオレンジ色の黄身みたいな夕焼けがめっちゃ綺麗で好きです。
あと、御船倉のあのたたずまいが好きです。石を積んである雰囲気がなぜか好きです。

Q5.よく行くお店はどこですか?
-子供の誕生日には、「ポ・ヤシロ」でケーキに絵を書いてもらいます。「AKKA」のパスタ・ピザ・ワインもおいしいです。「豊月」の昼定食を食べた後、「こばやし(小林製菓)」の大判焼きを買って「ジャンティーク」のコーヒーを飲むのが好きです。最近は中央公園駐車場前にオープンした「くまくまキッチン」によく行きます。ホルモンと焼きそばがお気に入りです。

Q6.この北浦で一番美味しいと思うものは何ですか?
-おやじが獲った日本海の魚の刺身。妻が作るシフォンケーキと、国産牛100%の粗挽きハンバーグ。

Q7.あなたが住むこの街の好きなところは何ですか?
-多くの方が色々なところでボランティア活動をされているところです。地域の活動のお手伝いや、子供たちの登下校の見守りなど、普段は目に見えにくい活動ですが、そういった方々が陰で頑張ってくれているから、私たちは生活出来ていると思います。まさしくお陰様です。

Q8.では、この街の問題点は何だと思いますか?
-転勤で、下関・宇部・周南・山口などに住んできましたが、萩は他の地域に比べて殿様商売のお店の割合が多いところです。無愛想なお店が多いですね。
昔からの付き合いを大事にしているのでしょうが、新しいモノや、人を受け入れるのに時間がかかる気がします。輪の中に入るのが難しいと感じる人が多いのではないでしょうか。

Q9.その改善策をどのようにお考えですか?
-萩は観光地のため、イチゲンサンを相手に仕事をしているお店が多いのかもしれませんね。
オモテナシがかけているため、ヒョウシヌケとなってしまっているのではないでしょうか。私も相手の立場に立って、どういった発言、行動が喜ばれるかを意識して対応できるよう頑張ろうと思います。

Q10.この人は凄いと思う北浦に住む知人、友人を紹介してください。
-「綿貫クリニック」の院長の綿貫篤志さんです。私を「お船謡」に誘ってくれた人です。いつも明るく笑顔で丁寧に患者さんの対応をしています。仕事以外にも色々なことを頑張っていて、タフやな~って関心します。8月3日は一緒に「お船謡」を謡います。機会があれば見に来てください。

LINEで送る