萩市出身の選手!全国大会での活躍に期待! 高川学園高等学校サッカー部萩市出身の3年生3選手!

takagawa

先月13日(日)維新百年記念公園陸上競技場で行われた第95回全国高等学校サッカー選手権山口県大会決勝で見事優勝。12月30日より首都圏で開催される本大会で活躍が期待される萩市出身の3選手をインタビューしてきました。

山本 駿亮 選手(椿東小学校卒)写真真ん中
Q.高校サッカーを振り返って
A.2つ下と4つ下に弟がいて、僕も含め、兄弟3人を高川学園に通わせてくれ、サッカーができる環境を与え続けてくれた両親に、ただただ恩返しがしたい一心でした。高校になり1年のときは怪我、2年のときはスタメンを取れるまであと一歩のところでしたので、県大会では、誰よりも全国に出たい気持ちは負けてなかったと思います。

Q.全国大会に向けて
A.フォワードなので、全国大会では数字にこだわっていきたいです。1試合1試合得点をあげていき、ベスト4以上に何とか食い込みたいと思います。

Q.将来のビジョン
卒業後は大学に進学します。本当は高卒でプロ入りを狙っていたのですが、願い叶わなかったので、大学で4年間しっかり力をつけてプロサッカー選手になれるよう頑張りたいと思います。

勝本 涼太郎 選手(椿西小学校卒)写真右
Q.高校サッカーを振り返って
A.1年からメンバーに入れてもらえ、2年のときも試合に出させてもらっていましたが、3年になると、出場機会が少なくなり、この県大会も本当に悔しい思いばかりでした。とにかく試合に出たい一心で、3年間やってきています。

Q.全国大会に向けて
A.先ずは出場機会を多く得られるよう、全国大会までに苦手な守備の部分を克服したいと思います。そして全国大会では一戦一戦勝利に貢献できるようなプレーを心がけたいです。

Q.将来のビジョン
既に最大手の自動車メーカーに就職が決まっていますので、卒業後は仕事をしながら、サッカーやフットサルを続けていければなと考えています。

出羽 拓実 選手(川上小学校出身)写真左
Q.高校サッカーを振り返って
A.怪我で出場できないことが続き、辛い高校サッカー生活でした。それでも、小学校のときから切磋琢磨してきた2人がいてくれたお陰で今までやってこれたと思います。そして、2人が試合で活躍してくれることが、自分のことのように嬉しく思います。是非、全国でも頑張ってほしいです。

Q.全国大会に向けて
A.山口県予選ではメンバーに入れなかったので、先ずは全国大会でのメンバー入りを目指し、残りの高校サッカー生活を必死に取り組んでいきたいと思います。また、メンバーに入れなくとも、全国大会ではチーム全体が良い雰囲気になれるよう、応援も含めて声を出し、盛り上げていきたいです。

Q.将来のビジョン
A.卒業後は東京か大阪の空港で働くことが決まっています。小さい頃からやってきたサッカーで多くを学ばせてもらい成長させてもらいました。社会に出て、その学んだことを活かしていきたいと思います。また、サッカーができるのであれば、続けていきたいと思います。

高川学園高校サッカー部の全国大会第1回戦は12月31日(土)、神奈川県横浜市三ツ沢公園ニッパツ三ツ沢競技場にて14時10分キックオフ。対戦相手は茨城県代表の鹿島学園サッカー部。

LINEで送る